ホーム » おすすめ記事 » 包茎手術後の入浴はいつからできる?

メニュー

包茎手術後の性行為やマスターベーションについて

性行為やマスターベーションは包茎手術をして1ヶ月後が目安 包茎手術は陰部に傷を作るので、修復するまでは性行為やマスターベーションを避けましょう。 傷の治りには年齢などで個人差がありますが、一般的におよそ1ヶ月で治ります。 … 続きを読む

コメントなし

包茎手術後は仕事を休む必要がある?

包茎手術は1日で終わる 基本的に、包茎手術を行いたいと考えている人の多くは社会人です。 社会人は仕事を行っているので、それを休んでまで治療を受けたいと考える人はそれほど多くはありません。 しかし、包茎手術を受ける時には仕 … 続きを読む

コメントなし

包茎手術後のトイレで注意すべきこと

包茎手術後のトイレの心配 包茎手術は施術する時には塗りタイプの麻酔薬をしてから、皮膚科に注射で麻酔薬を挿入しますので手術中には痛みを感じにくいことが特徴です。 ほとんどのケースでは部分麻酔で済みますので、日帰りでの帰宅が … 続きを読む

コメントなし

包茎手術後の入浴はいつからできる?

包茎手術の必要性や健康保険ケース 包茎手術はコンプレックスだけではなく、排尿に支障があったり勃起時に痛みがある場合には積極的に治療しなくてはいけません。 放っておくと人生のライフステージに問題が発生してしまうだけではなく … 続きを読む

コメントなし

包茎手術を検討中の方必見!術後の注意点と過ごし方について解説します!

既に包茎手術をしたとなれば一安心と言えるところですが、術後の痛み等は一体どのようになるか心配になるケースが少なくありません。 手術後に関しては、包茎手術の場合他の手術と異なりそのまま入院しているわけではありません。 一昔 … 続きを読む

包茎手術後の入浴はいつからできる?

包茎手術の必要性や健康保険ケース

包茎手術はコンプレックスだけではなく、排尿に支障があったり勃起時に痛みがある場合には積極的に治療しなくてはいけません。
放っておくと人生のライフステージに問題が発生してしまうだけではなく、包皮と亀頭部分が癒着してしまう危険性もあるのです。
カントン包茎や真性包茎と診断されたのならば、病気対応で健康保険適用されるので、なるべく早い治療が必要になります。

健康保険が適用されるケースが多いカントン包茎や真性包茎だけではなく、比較的に症状の軽い仮性包茎では自費治療が受けることが可能です。
場合によっては仮性包茎でも健康保険が適用されるケースもあるので、医師による診察で指示を仰ぐ必要があります。
それ以外のケースで審美的な機能回復になるので、全額自費による治療になるのです。

自己判断をせずにデリケートな問題だからこそ、早めに医療機関への受診がおすすめになります。
クリニックや泌尿器科で包茎手術は対応しているので、インターネットで専門病院や対応病院を探すことが第一歩です。

包茎手術後の過ごし方と入浴開始日

包茎手術には術式に湿潤タイプと乾燥タイプがあり、それぞれ手術後の過ごし方が変わります。
湿潤方式の方が手術後の経過が軽いと言われており、傷口は意図的に外気に触れさせることで自己治癒力を高めることが特徴です。
消毒やガーゼによる洗浄ではなく、自己治癒力によるかさぶたと血液が乾くことで起こる殺菌作用を使います。

湿潤方式ならば包茎治療後の3日程度でシャワーを使うことが出来ますし、抜歯は約1週間程度で行うことが出来るのです。
従来型の乾燥タイプでは日数が伸びて、シャワーは1週間程度時間を空けてからになり抜糸は2週間程度かかります。
病院クリニックにより手術後の経過観測は異なりますので、医師の判断に従うことが大切です。

一般的に湯船に入った入浴は4日目から7日目程度と、傷の治癒具合によって異なります。
消毒や経過観測の時に、医師の診察によって許可をもらうのです。
シャワーなどは3日程度ですが、激しい運動でなければ仕事は翌日から行うことが可能になります。

まとめ

包茎手術跡の過ごし方には医師の判断により指示をもらい、無理をしないようにすることが大切です。
無理をすると傷口が開いてしまったり、縫い糸が切れてしまうこともあります。

過度に心配することはありません。
若干の血や痛みは通常の範囲です。
現在は湿潤タイプ治療が使われるケースが多くあり、消毒やガーゼなどを重視するよりも備わった自己治癒力による経過観測が用いられるケースが多くなっております。
医師によって治療法と術後の治癒方法の選択はことなりますので、説明を聞いて包茎手術後の過ごし方の指示を仰ぐことが重要です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。