ホーム » おすすめ記事 » 包茎手術後のトイレで注意すべきこと

メニュー

包茎手術後の性行為やマスターベーションについて

性行為やマスターベーションは包茎手術をして1ヶ月後が目安 包茎手術は陰部に傷を作るので、修復するまでは性行為やマスターベーションを避けましょう。 傷の治りには年齢などで個人差がありますが、一般的におよそ1ヶ月で治ります。 … 続きを読む

コメントなし

包茎手術後は仕事を休む必要がある?

包茎手術は1日で終わる 基本的に、包茎手術を行いたいと考えている人の多くは社会人です。 社会人は仕事を行っているので、それを休んでまで治療を受けたいと考える人はそれほど多くはありません。 しかし、包茎手術を受ける時には仕 … 続きを読む

コメントなし

包茎手術後のトイレで注意すべきこと

包茎手術後のトイレの心配 包茎手術は施術する時には塗りタイプの麻酔薬をしてから、皮膚科に注射で麻酔薬を挿入しますので手術中には痛みを感じにくいことが特徴です。 ほとんどのケースでは部分麻酔で済みますので、日帰りでの帰宅が … 続きを読む

コメントなし

包茎手術後の入浴はいつからできる?

包茎手術の必要性や健康保険ケース 包茎手術はコンプレックスだけではなく、排尿に支障があったり勃起時に痛みがある場合には積極的に治療しなくてはいけません。 放っておくと人生のライフステージに問題が発生してしまうだけではなく … 続きを読む

コメントなし

包茎手術を検討中の方必見!術後の注意点と過ごし方について解説します!

既に包茎手術をしたとなれば一安心と言えるところですが、術後の痛み等は一体どのようになるか心配になるケースが少なくありません。 手術後に関しては、包茎手術の場合他の手術と異なりそのまま入院しているわけではありません。 一昔 … 続きを読む

包茎手術後のトイレで注意すべきこと

包茎手術後のトイレの心配

包茎手術は施術する時には塗りタイプの麻酔薬をしてから、皮膚科に注射で麻酔薬を挿入しますので手術中には痛みを感じにくいことが特徴です。
ほとんどのケースでは部分麻酔で済みますので、日帰りでの帰宅が可能になります。
手術も心配でしょうが、その後も患者は心配してしまうのです。

事前に医師や看護師からの説明がありますが、手術後の当日は安静にしてある刻子や運動を控えれば心配ありません。
また傷口が開いてしまう可能性があるので、性交渉や自慰行為は控えるように注意されます。
こうした安静期間はクリニックによって設定が異なりますが、多くの場合は3日程度から1週間安静にすれば日常的な生活に戻していいと言われるのです。

術後に心配なのが排尿などのトイレの問題になります。
トイレは行っても構いません。
包茎手術後は傷口を縫って消毒してありますので、当日は入浴を控えて安静に日常生活を送れます。
もちろんトイレも行っても構いませんので、心配する必要はありません。

包茎手術後の過ごし方

包茎手術をしても多くの場合には日帰りでの帰宅が可能であり、帰宅後は入浴や激しい運動をしてはいけません。
またアルコールを飲酒すると血行が良くなり、傷口から出血する可能性もあるので数日間は控える必要があります。
翌日からは患部を濡らさないようにシャワーが可能になりますが、手術の状態にもよりますので医師や看護師の確認や説明をよく聞いておく必要があるのです。

包茎手術後のトイレでは小便をした後には、小便を軽く清潔な布やガーゼで拭いておいた方が安心出来ます。
クリニックによっては排尿後に、薄めたアルコールで拭くことを推奨している場合もあるのです。
こうした情報や指針はクリニックにより異なりますので、医師や看護師に指示を仰ぐことが大切になります。

包茎手術後のトイレの問題もそうですが、縫い糸によっては体に吸収されて抜糸が必要ではないタイプも多くあるのです。
抜糸の必要性の有無や、通院日も確認しておくのがおすすめになります。

まとめ

包茎手術をした後の過ごし方を心配される患者は少なくありません。
しかし通常の手術の場合には、当日は安静にしていれば翌日から仕事に復帰しても構わないと、医師による判断が下されます。
ある程度の体を動かす作業などは、手術の翌日から出来るのです。

また手術後のトイレに関しては問題なく行えますので、心配する必要はありません。
場合によっては雫を清潔な布で拭いたり、排尿後に除菌することを推奨する医師もおりますので説明を聞いて指示に従います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。